周りに気を付けて行う

夫婦

周りに影響する可能性

社会生活においては、自分自身の他に周りの人たちがいます。自宅内なら家族がいて、会社なら同僚などがいます。それ以外の場では全く知らない人などもいます。自分のための行動を取るとき、時にそれが人に悪い影響を及ぼす可能性もあるので注意しないといけないかもしれません。記憶力アップを目指して周りの音が聞こえにくくなるヘッドフォンを使うときがあるでしょう。音漏れなどがしていないか、聞こえないことで迷惑がかからないかを確認しましょう。自宅で記憶力アップを試みる時に使うグッズとしてメモ帳や付箋などがあります。覚えたい内容を書いて置き、それをいろいろなところに貼っておくと目に入った都度内容を確認できて覚えられるようになります。自分自身は記憶力アップになりますが、他の家族から見ると単なる紙切れになります。あまりたくさんあったりすると部屋の雰囲気にも影響するときがあります。メモなどを使って覚える時は、使いすぎに注意をしながら貼り付けるようにしましょう。記憶力アップのためにいい方法として音読があります。目で見て口に出し、さらに耳で聞くのでその内容がいろいろな状態で残りやすくなります。より音読効果が得らえるグッズとしてハンドフリーマイクがあります。マイクで話すとその内容が耳から聞こえるのでより覚えやすくなります。記憶はしやすくなりますが、電車の中など公共の場ではなかなか使えない方法でしょう。音読した内容が周りに聞こえてしまいます。自宅の自分の部屋などで行うようにしましょう。